忍者ブログ
  • 2017.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/23 19:48 】 |
デビュー+今年初

ずっと眠っていた通勤用自転車。通勤オンロードのみですんでTサーブのタイヤでしたが

オフロード用タイヤに付け替えとりあえずオフロード走れるようにして

土曜日はお馴染み(?)揖保川MTBに出場。周回数ごとに永延と河川敷を走る技術的には楽しくない。

12周回

とりあえず駆け引きが楽しめる周回。

スタート直前までぶつぶついいながら逃げるそぶりもみせなかったが逃げてみた。

逃げたというか正直誰かついてくると思ったけど

なめられたのか後で差せると思われたのか誰も追ってこない。

こうなると最後まで逃げ切らないと。後続の士気は低かったのか休みながらいったら逃げ切れた。

めでたしめでたし。

7周回

12周回とうってかわって2番手をひたすら追走で最後差す作戦。

計算通りレースは進むが最終周回でコーナリングミス。

大して技術はいらない代わりに一つのミスで全てが終了。1番手がそのまま逃げ切り終了。

ラン1周・2周回+ラン2周・2周回

とりあえず今回導入されたラン。張り切って運動靴持っていったけど他の人は

自転車用シューズで走る。まぁ昔とった杵柄と靴でランは独走出来る事が判明。

そのまま自転車でも逃げ切ったけどラン2周・2周回は全員ラップ出来そうだった

けど出来なかったのが残念・・・

5周回

ある程度イニシアチブをとって勝ちに行こうと思ったけど

またもやコーナーミスってこけた・・・終了。。

3周回

スタート位置の時点で約一名の鳥を除いて子供の壁が出来そうな予感・・・

予感的中で鳥さんは子供の壁を利用し逃げちゃってあっさり終了。。

まぁアットホームなイベントで好きですがインターバルすぎてしんどい。。

あとまともな周回であと一つ勝ちたかった。

 

200804130920000.jpg

 

 

 

 

 

 

日曜日は実は一人で行こうと思っていた雪彦林道へ。

メンバーはSONICレーシングのOさん・Hさん、鳥監督・Fさん・自分。

ぼちぼちと林道登山口を目指すが向かい風でつらいつらい。

林道のイメージは伊吹山ヒルクライムのコースと同じ感じらしい。

最初に結構きつい登りがあって中盤以降はだらだらと登って標高最高地点を目指します。

先日の実業団伊吹山ヒルクラで33分で走ったOさんですが

今日はMTBに700Cのタイヤを履かせたバイク。

しかし影すら踏めず最高標高の地点へ。

Oさんやっぱ伊吹山では惨敗や~と言ってましたがもっとマシなバイクに乗って

ヒルクラレースの経験積んだらすぐに1分2分ぐらい短縮しそうやな。。

やはり恐ろしいエリート様である。永遠に背中は拝めそうにない。。

下山してそのまましんどいから帰りたいぜ・・・と思ってたら砥峰高原に行くとな!

あれってたいがい高い標高になかったっけ・・・

序盤はだらだらと登る道。体型的に大柄なんで急坂よりまだましに走れる。

しかし終盤は2km程度サイコンを読みで10%以上の坂が永遠のように続く。

登り切ったときにはもうふらふら・・・ハンガーノック寸前で倒れそうでした。

補給の為即下山するも向かい風。へろへろで補給して帰る。

往路北風だったはずなのに復路も北風。とことんついてないですわ。。

結局140kmぐらい走って獲得標高は1900mちょい。

疲れたけどいい練習でした。やっぱ自分より速い人と走った方が

強くなるには近道ですな。

PR
【2008/04/13 20:54 】 | 自転車 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<4月20日情報 | ホーム | 久々宇宙論>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]